『中古艇』「ヤンマー EF22Z-IS」

平成10年7月進水 定員 7人

エンジン ヤンマー 4JH3‐TZA 定格64ps

使用時間 2950時間

エンジン、ドライブはキレイです。

船体に修復跡があります。

価格 70万円 現状 現地(浜松市西区)渡し

 

 

『船外機のエンジンをクリーニング』「ヤマハ4スト200馬力」

『静岡県熱海市で船外機のエンジンをクリーニング✨』
有限会社マリンレジャーワイジーエム 山口社長、アポ無し飛び込み営業でしたのに、クリーニング施工ご依頼頂きまして、ありがとうございました😀🎶
施工後直ぐに「エンジンの音が変わった、静かになった」と感想を頂きました。

『定期クリーニングキャンペーン』

エンジンの燃焼室クリーニングは、定期的に行うのが燃焼室へのカーボン蓄積防止、エンジン快調維持に繋がります👍
そこで、前回の施工から6ヶ月以内の施工の時は割り引き価格で施工させて頂いています。
今回、ハローズフィッシングさんと宗丸さんに、このキャンペーンを利用して施工させて頂きました🙇

『よくある質問』「どうして水素でエンジンの調子がよくなるの?」

エンジンは、従来の空気だけで燃料を燃焼させた場合、不完全燃焼による燃えカス(カーボン)が燃焼室に残り、蓄積されます。

しかし、水素ガスを混合する事で燃焼効率が90%~95%まで上がり、完全燃焼に近づき燃焼室に溜まったカーボンを燃焼除去できます。

燃焼室に溜まったカーボンは、不完全燃焼をさらに誘発し、排気色の悪化、

アイドリングの不安定、最高回転の低下、燃費の悪化させ、エンジンの寿命を縮めます。

カーボン除去により、燃焼効率が上がり、排気の黒煙解消、燃費向上、出力回復、アイドリング安定、エンジンの寿命延長に貢献します。

 

本来、エンジンの燃焼室のカーボン除去には、エンジンの分解が必要です。

それには数十万から百万単位の費用と、1週間近くの日数がかかります。

しかし、この水素ガスクリーニングは僅か数万円の費用1時間程度の作業により燃焼室に溜まったカーボンを除去します。

『50年以上経過のエンジンの燃焼室をクリーニング』ヤンマー4ES型?

今までで最高齢です
50年以上経過、まだまだ使いたい👍という事でクリーニング施工です😀
エンジンの外観は昔も今もあまり変わりませんね😅
私と同年代ですが、私より元気、現役バリバリ、レスポンスも良好です↗️😱
さすがヤンマーですね💦

型式は機関銘板見ましたが、わかりませんでした。
4ES型じゃないか?ってメッセージ頂きました。

『募集です』「九州地区、千葉県、茨城県、の船長様へ」

水素クリーニング施工の仲間を募集しています。
お近くの方でその日に合わせて御依頼頂ければ、出張費を折半で計算させて頂くのでお得です。
 施工費用は基本料金1台33,000円です。
出張費はご用命頂いた人数により計算いたします。
お近くの方は、是非この機会にクリーニングを御体験下さい。
 
黒煙が解消されるだけでなく、エンジンが軽く回るようになります。
アイドリングが安定します。
燃費が良くなる船もあります。
作業前、黒煙がモコモコ・・
作業後、黒煙が消え、キレイに・・・

『静岡県南伊豆町でエンジンの燃焼室をクリーニング』

重五郎屋さん、中木丸 リピート施工です😀👍
仕事のタイミングが合わず、初回から1年経ってしましました😅
初回の時は施工15分の空吹かしで大量のカーボンが排出されましたが、今回は殆ど出ませんでした
前回のクリーニングの効果が持続している様です。
しかし、施工後の試運転では
「アクセルレスポンスが全然違う❗️ エンジンが軽く回る❗️ 加速した時に船が浮き上がる❗️
という感想を頂きました😄✌️
ありがとうございました🙇‍♂️